プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年07月13日

教育の「プロ」




ニュースでさらっと見ただけなので

詳しくはわかりませんが・・・


60代小学校教諭

生徒に暴言を吐いたり

繰り返し体罰をしたとして

懲戒免職になったとか・・・



最近

教師の不祥事

よく問題になります。



60才にもなって

教師というより人間として情けない話です。



こんな人が先生をやっていること自体

保護者の皆さんは心配でしかたがないでしょう。





でもほとんどの先生は

誠実に熱意を持って

子供たちに接していると思います。



一部のこんな人のために

多くのまじめな先生が

同じ目で見られてはたまりません。



大方の先生は

心を痛めていると思います。







新学期

学校では子供が先生を選べないため

保護者の間では

「うちは当りや!」

「今年ははずれやわ・・・」 等

先生の当りはずれで

一喜一憂するとかしないとか・・・



なんかおかしいですよね。



先生も人間ですから

性格も価値観も少しずつ違います。



それでも教育者として

一定のレベルを保っていなければならないと

私は思います。



でも実際はそうでもない。





その昔

教師という「仕事」は

「聖職」といわれていました。



今はその言葉も死語となりました。




それはそれでいいでしょう。



教育の「プロ」として

その使命を果たしさえしてくれれば。











同じカテゴリー(先生)の記事
 現役時代との違い (2015-04-14 21:54)
 退職 (2015-04-01 18:25)
 違いはひとつ (2012-05-26 07:42)

Posted by 未来の塾長 at 19:41│Comments(0)先生
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。