プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2020年06月29日

新しい学習スタイル オンライン教室

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


コロナが騒がれ出したのが1月下旬。
それから半年が経ち
季節はもうすぐを迎えようとしています。

緊急事態宣言が解除され
学校が再開され
自粛からも解放され
生活は「コロナ以前」に
戻りつつあるように見えますが
実はかなり違うものになっています。

東京では
感染が徐々に増えており
いつ再び第2波(拡大局面)がきても不思議ではありません。

ここ岩出市では
このところ
ほぼ感染0の状態ですが
先日には岩出保健所管内での感染者が出ました。

塾生の保護者の中には
「そろそろ通常の授業状態に戻しては」
と思われる方もおられますが
私は
まだまだ気を緩めてはいけないと感じています。

当塾教室においては
塾生の手に触れるものすべての消毒
常時換気
ソーシャルディスタンスを考慮した座席配置および人数制限
オンライン授業への取り組み
等々
これからもまだまだ油断せず継続していきます。

昨夏までと大きく違うことは
猛暑の中
換気のため窓を開け
マスク着用の上
過酷な状況下で学習しなければならない点です。

エアコンの温度設定は強めとはいえ
日が落ちるまでは結構厳しい環境です。

その点
オンラインでの学習は
学習者の環境も良好です。

感染リスクを気にせず
教室の生徒と同じように
塾長の指導を思う存分受けられます。

すざき塾では
今後も新しい学習スタイルとして
オンライン教室の比率を
上げていきたいと考えています。

教室通塾 型
オンライン教室 型
教室&オンライン教室併用 型


この3つのコースを
状況に応じて運用し
保護者様のニーズに応えていきます。

  


Posted by 未来の塾長 at 15:55Comments(0)学習塾

2020年06月13日

不登校生のセーフティネット

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


沖縄は梅雨明け
本土は梅雨入り本番と
日本列島はけっこう広いんだなと思う今日この頃です。

全国的に「自粛」はなくなり
これからは
感染」から
いかに「自分を守る」生活を
心がけるかに重点が移りました。

さて
当学習塾では4月下旬頃から
オンライン教室を開設し
通塾と併用することで
感染予防に努めてまいり
現在も継続しています。

オンライン教室を開設して
新たに発見したこと
気づいたことがあります。

それは
オンライン授業
不登校生のセーフティネットとして活用できないかということです。

様々な事情で学校に登校できない子供たちも
その(オンライン)環境さえ整えば
学力保障の機会を与えることが可能になると思いました。

学校の教室では授業を受けることができないお子様でも
オンラインだと抵抗なく授業に参加することができるなら
これは大きな可能性につながります。

今までも
不登校生に対して
フリースクール
ごく限られた対策はありましたが
学力保障という面では
まだまだ不十分であることは否めません。

コロナを契機に生活様式学習方法も見直され
新しい生活様式
新しい学習スタイル
が定着していくかもしれません。

今まで不可能と思われたことが
逆にどんどん実現していく機会になるかもしれません。

私は
不登校生の学習方法として
オンライン授業は大きな可能性を秘めていると感じています。

今まで積み残されてきた
教育現場での大きな課題を
解決する突破口となるやもしれません。

すざき塾では
オンライン教室を通じて
不登校生の学習サポートもしっかりとやっていきます。

  


Posted by 未来の塾長 at 23:00Comments(0)オンライン

2020年06月10日

どう乗り切るか

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


今日
近畿地方が梅雨入りしたと
発表がありました。


これからの蒸し暑いシーズン
窓を開けての授業は
なかなか大変です。

暑い外気が入ってくる分
エアコンの利きも当然悪くなります。

それでも感染予防対策はしなくてはなりません。

塾生にも
学習中は必ず水分補給を心掛けるよう
指導しています。

7月8月になれば
とんでもない猛暑日もあると思います。

エアコンを最大にしても
窓を開け放している状態では
どこまで耐えられるか
未知数です。

今夏は
電気代も相当覚悟しておく必要がありそうです。

教室内で学習する生徒は
少ない時は2名
多いときでも4~5名に抑えています。

オンライン授業と併用することで
なんとかこの人数まで落とすことができました。

アフターコロナを見据えた
オンラインを使った新しい学習スタイルにも慣れてきました。

コロナの夏をどう乗り切るか
これからが本番です。


  


Posted by 未来の塾長 at 21:22Comments(0)季節

2020年05月20日

夏休みはほぼありません

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


和歌山県では
6月を待たず
一部登校に向けた動きがあります。

紀南の方では
すでに通常の状態での授業が
再開されたところもあるようです。

時間や曜日をずらした登校等
徐々に日常に戻りつつあります。
(それが結果的に良いか悪いかは分かりませんが)

これからにかけては
暑さと湿度により
コロナだけでなく
ウィルス全般の活性が低くなる時期ではあります。

ただ
ウィルスは存在し続け
秋以降空気が乾燥してくると
再び活発化する恐れがあり
第2波の到来が危惧されます。

そのタイミングでワクチンができていれば
基本的に第2波は終息の方向に向かうかもしれませんが
今は何ともいえる状況ではありません。

とにかく
このまましばらくは季節と共に沈静化が続き
学校が平常に戻るとすれば
夏休みはほぼありません

全くなくなることはないとは思いますが
あるとすれば
お盆期間中ぐらいかもしれません。

通常の年なら
夏休みはとても楽しい期間です。
コロナで無理やり休みにされるのとは大違いです。

旅行に行ったり
キャンプに行ったり
本来なら
東京オリンピックもあったはずです。

それらすべてがなくなるわけで
子供たちにとっては
残念で辛いことかもしれません。

夏休みがない夏を迎えるのは
私にとっても初めての経験です。

今年は
開校以来ずっと続けてきた
夏期特別講習
どうやら難しくなりそうです。

夏休みのない夏となると
その時期に予定されている様々な行事(例えば夏の甲子園等)の
実施・開催も厳しくなるでしょう。

ほんとうに
色々な面で多大な影響を及ぼすコロナ禍ですが
一日でも早い終息を願わずにはいられません。
  


Posted by 未来の塾長 at 08:24Comments(0)夏休み

2020年05月15日

安易な自粛解除の流れ

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


つい先日
全国一斉の緊急事態宣言が多くの地域で解除され
それに伴って休校措置も解除に向けて動き出しました。

3月から3か月にわたり休校が続いているのは
確かに由々しき問題ですが
安易な自粛解除の流れ
とても危険に思えてなりません。

今の学校でいわゆる3密を避けることは不可能です。
ほぼ確実に感染者が出て
クラスターになることは想像に難くありません。
もしかしたら尊い命が奪われるかもしれません。

各県では競うように学校再開に向けて動いているようですが
とても心配です。

職員室・教室などは完全に3密そのものです。
学校は最もリスクの高い施設のひとつです。

命より学習が大事でしょうか。
それならオンライン化に踏み切るなど
まだまだやれることはあるはずです。

教育委員会学校
この3か月もの間一体何をやってきたのでしょう。

今学校が再開しても感染対策は本当にできるのでしょうか。
そんなに大量の消毒液が各学校に準備できるのでしょうか。
百数十人以上の子供たちが触れるものすべてに
消毒が可能でしょうか。

安易な自粛解除の流れ
新たな感染爆発を引き起こす原因になっては
ほんとうにこの3か月の我慢は何だったのかと
後悔することになります。

私どものような小さな学習塾でも
徹底した感染予防対策
神経をすり減らしながら続けています。

オンラインによる授業
とても苦労してなんとか開講にこぎつけました。

それでも毎日が緊張の連続です。

新規での入塾希望者は
オンライン教室のみ受け入れとし
当面通塾はお断りしています。

とてもつらい選択ですが
今はまだそういう時期だと心得ています。

自粛解除の流れに油断せず
毎日を過ごしていきましょう。
  


Posted by 未来の塾長 at 23:07Comments(0)学校