プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2017年12月08日

冬講準備

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


師走に入り
朝の冷え込みも一層拍車がかかってきました。

全国的にインフルエンザの流行期入りが発表されました。

学習塾を運営する側にとっては
まったく気の抜けない時期になりました。


さて学期末考査も終わり
塾生たちはホッと一息つきたいところですが
受験生にとってはそうも言ってられません。

年が明ければ迫りくる入試の足音が
ひたひたと近づいてくるのが分かります。


すざき塾では冬期特別講習(冬講)準備を始めています。

今年の冬講
12月27日から1月8日までのうち7日間を予定しています。


塾としては通常授業(夜)に加え
午前の部・午後の部と3部立てになるので
とても忙しくなります。


私としては個人塾でもあり
通常授業だけでというのが本音ですが
通ってくれている塾生たちの学力向上の機会を考えると
どうしても「休み中にこそしっかり頑張ってもらいたい」という思いが強く
つい気合が入ってしまいます。(^^;)

ところで
期末考査の結果ですが
今回もしっかりと指導を守り丁寧に学習に取り組んだ生徒は
きちんと結果を残しました。

子供たちの取り組みを見ていると
この「丁寧に」というのが意外に難しいようです。

焦るあまりついつい先を急いだり
苦手な部分には目をつぶって避けてしまう傾向がある子は
どうしても伸び悩みます。

丁寧で粘り強い学習こそ王道です。

小手先の技術はもっともっと後のことです。


2学期末考査(一部)

中2女子 国82 英88 数88 理89 社93 5科440(自己最高点更新)
中2女子 数22⇒47 5科90⇒209 (入塾時⇒今回)(自己最高点更新)
中2男子 数 5⇒41 5科65⇒204 (入塾時⇒今回)(自己最高点更新)
中2男子 英34⇒74 (1年前期末⇒今回)(自己最高点更新)

中3女子 英28⇒93 5科267⇒403(入塾時⇒今回)(5科は自己最高点更新)
中3女子 英66⇒84 (自己最高点更新)
中3男子 数28⇒67 (入塾時⇒今回)(自己最高点更新)
中3男子 数65⇒83 (入塾2週間)

高2女子 英語表現24⇒40 (入塾時⇒今回)

  


Posted by 未来の塾長 at 10:20Comments(0)講習会

2017年11月23日

逆境こそ飛躍のチャンス

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。



まだ11月ですが
感覚的には晩秋というよりのような毎日です。


岩出市近辺の中・高では期末考査の発表もあり
塾生たちにも緊張感が出てきました。


教員退職後
塾生たちの指導に携わってきて2年半が過ぎましたが
最近思うことがあります。

それは実際塾に通ってくる子供たちを見ていると
順調に学力を伸ばしてくる子もいれば
努力しているにもかかわらず伸び悩む子もいます。

入塾時の学力やその子の性格など
様々な要因があるとは思います。

現状認識の甘さとメンタル面での弱さが気になる子もいます。

言えることは
どんな子でも調子が良いときも悪い時もあるということです。

だから
調子が良いからと言っていい気になったり油断したりしないことです。
逆に
悪いからと言って落ち込んだり自信を無くしたりする必要もないのです。

まず今自分がいる位置(学力)をしっかりと直視する。

その上で何をすればよいか考えましょう。

考えても考えても何も出てこないかもしれません。

それでもしっかりと考えて欲しいと思います。

「今何をすべきか」を・・・。


あきらめの悪い奴と思われようがそんなことは気にする必要ありません。


ただ結論は決まっています。

それは「学習を継続する」ということです。

「必死さ」と「悔しさ」学習のエネルギーになります。

もう一つ重要なことは「指導に素直に従う」ということです。

ここでいう「素直」とは
はいはいと返事だけでなく「言われた通りに実践する」ということです。


たとえ10回負けても11回目はどうなるかはわかりません。

10回も負けたからもう無理と思えばそこまでです。


挑戦をあきらめればそれで終わるが
続ける限り勝負はまだついていません。


逆境こそ飛躍のチャンスととらえ
今この瞬間も学習に勤しむことです。
  


Posted by 未来の塾長 at 08:51Comments(0)指導

2017年10月20日

定期考査結果 

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


岩出市周辺の公立中・高の定期考査も終了しました。

実力を出し切れた者
今一つ出し切れなかった者

毎回同じ思いが交差する定期考査ですが
のんびり感傷に浸っているわけにはいきません。

定期考査結果を受け分析し
次への対策を指導しなくてはいけません。

結果が良かった生徒には
油断せずさらにワンランクアップを目指そうと激励し
思うような結果を出せなかった生徒には
どうして出せなかったか原因を考えさせ
じゃあ次はどうするかを指導していきます。

この繰り返し積み重ねが
塾としての大きな仕事です。


点数云々というより
しっかりとやり切ったかという達成感を重視します。

適当にやれば適当な結果しか出ません。

適当にやって良い結果が出たとすれば
それはまぐれです。

次は分かりません。


常に全力で取り組んで
その結果を真摯に受け止めて
次に活かすという気持ちが大切です。


定期考査結果(一部)

中2男子 入塾時数学5 点⇒46点 5教科計 65点⇒160点
中2女子 入塾時数学22点⇒43点 5教科計 90点⇒143点
中2男子 入塾時数学10点⇒65点 5教科計 190点⇒303点

自己最高点更新
中2男子 入塾時英語34点⇒69点
中2女子 入塾時数学26点⇒56点
中3女子 入塾時数学51点⇒83点
中3女子 入塾時英語66点⇒83点
中3男子 入塾時5教科計215点⇒414点
  


Posted by 未来の塾長 at 10:36Comments(0)試験

2017年10月05日

畳ルーム

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


10月に入ると
気温もぐんぐん下がり
いよいよ秋本番です。


岩出中・岩出2中の定期考査は今週で終わり
替わって高校の考査が始まります。


すざき塾では
すでに夏休みから定期考査の準備を始めていました。

なので大半の塾生は余裕をもって
定期考査に臨めたと思います。

結果を期待して待つことにします。


さて当塾には畳ルームという自習スペースがあります。

半個室のようになっていて集中して自習するのに向いています。

主に受験生が好むようでたまに取り合いになることも・・・。

今まで自習用机が1つしかなく
先に入ったもの勝ちという状態でした。

仲の良い小学生なら2人で使っていますが
やはり集中して学習するには1人1机が理想です。


ということで自習用机を増設しました。

  すざき塾 畳ルーム

定員は2名ですがそれぞれ集中できる配置にしました。


当学習塾はとても小さいですが
できる限り1人1人が学習に専念できる配慮を心掛けています。


狭いながらも
落ち着いた雰囲気で学習に集中できるすざき塾
ぜひ一度見学にお越しください。

  


Posted by 未来の塾長 at 15:53Comments(0)学習塾

2017年09月14日

自分のやり方に固執

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。



朝晩はかなり過ごしやすくなりました。

教室ではまだエアコンを使っていますが
そろそろ日が落ちれば窓を開けた方が涼しいかもしれません。

中学生は
9月初頭の復習(宿題)テストも終わり
中間考査に向けての学習に入っています。

中3生は
ほとんどの塾生が夏休み中に2次方程式を終わっています。
なので今は2次関数の学習が中心です。

英語は関係代名詞に入っていますが
こちらも1周目を終わり2周目の学習に入っています。


学年にもよりますが
塾生の6割は先取り学習で進めています。

残り4割はさかのぼり学習(復習)
理解できているところまで戻って丁寧に学習しています。


実際中学生でも
分数や少数の計算ができない子は
そこまで戻ります。

学力が低い子でも
素直に指導に従ってしっかりと復習に取り組める子は
必ず学力が向上します。

プライドがあるのか
「そんなこと分かっているからやりたくない」という子ほど
実際はまったく理解できていません。

基礎・基本ができていないのに
今の学年で習っているところをやろうとしても
理解できるはずがありません。

にもかかわらずやらないと気が済まない子は
一度学習させてみて今の実力を実感してもらいます。

その上でもう一度さかのぼり学習の意味を説明し
納得してもらいます。

たいていの子は
これで素直に復習中心の学習に取り組むようになります。


自分のやり方に固執することは悪いことではありません。

自立学習では
自分で考え
選択し
実行することが重要ですから。

ただ学力がついていない段階で
我流の学習をいくら進めても
理解は深まりません。

最初はしっかりと指導に従い
サポートを受け
学習の仕方を学ぶことです。

そうすることで
ある程度学力があがってくると
自然に
自分で考え進めていく学習(自立学習)に
入っていけます。

そうなれば
放っておいても大丈夫です。

あとは勝手に学習を進めていくようになり
結果的に学力が安定していきます。

また我流とは逆に
指示を待たないと何もできなかった子も
適切なサポートにより
見守っているだけで自分でどんどん学習し
理解を深めていくようになります。

いつの間にか
さかのぼり学習から先取り学習へと切り替わり
気がつけば学力がついてきています。


すざき塾では
小学生でも全く同じ指導で効果が出ています。

学年に関係なく自立学習は可能なのです。


  


Posted by 未来の塾長 at 09:55Comments(0)学習