プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
☎0736-60-3666
✉suzakijuku_iwade    @yahoo.co.jp

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2022年06月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2022年06月26日

学期末を乗り切って

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


いよいよ1学期末考査です。

一部中学校では
すでに終わっていますが
岩出中学は今月末からです。

学期末考査は中間考査より
テスト科目数が多くなり
準備も大変です。

それだけに
考査発表後の1週間では
十分準備ができないまま突入
となる生徒が多いです。

当塾ではいつも
考査発表の1週間前
つまり考査2週間前から
準備に入るよう伝えていますが
なかなか実行には移せないようです。

結果
おしりに火がついてから
慌ててやり始めますが
当然間に合いません。

このようないたちごっこを
毎回繰り返しながら
それでも
できる限りのサポートをして
考査に臨んでもらいます。

中学3年生にとっては
入試に影響する「内申点」の重要な資料となり
軽視することはできません。

無事
学期末考査を乗り切って
夏休みにかけて
1学期総復習(3年生は1,2年復習)の
学習段階に移行してきたいと思います。

今年はすでに猛暑日が続いています。

学習において
体調の管理も大切です。
水分補給など適切に行って
熱中症対策も怠りなく心掛けましょう。


学期末考査を乗り切った後は
その勢いで
暑い夏も乗り切りたいところです。


  


Posted by 未来の塾長 at 09:27Comments(0)夏休み定期考査

2021年07月07日

夏に向けて

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


約40日ぶりの記事更新です。

その間
ワクチンの2回目接種も完了しました。

さて期末考査も終わり
夏休みが近づいてきました。

昨年はほとんどの子供たちが
短い夏休みを過ごしたと思いますが
今年はいつも通りに戻れそうで
ホッとしているのではないでしょうか。

ここ和歌山は
他の関西圏地域とは違い
コロナ感染者数も少なく
住んでいる者としては
うれしく思います。

ただ油断せず
気持ちを緩めず
対策は怠りなく続けましょう。

塾では
これから夏に向けて
基本的に
1学期総復習がメインとなります。

1学期での学習を点検し
弱点を洗い出し
しっかりと補強しておくことで
2学期からの順調なスタートにつなげていきます。

学習したことを
もう一度確認し
定着させることはとても重要です。

具体的には
1学期総復習テストを行い
正答率の低い単元から
学習目標を設定し
1か月程度の期間を設け
じっくりと復習していきます。

夏休みが終わる頃には
2学期の学習準備が整うように
持っていきたいと思っています。

  


Posted by 未来の塾長 at 17:48Comments(0)夏休み

2020年05月20日

夏休みはほぼありません

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


和歌山県では
6月を待たず
一部登校に向けた動きがあります。

紀南の方では
すでに通常の状態での授業が
再開されたところもあるようです。

時間や曜日をずらした登校等
徐々に日常に戻りつつあります。
(それが結果的に良いか悪いかは分かりませんが)

これからにかけては
暑さと湿度により
コロナだけでなく
ウィルス全般の活性が低くなる時期ではあります。

ただ
ウィルスは存在し続け
秋以降空気が乾燥してくると
再び活発化する恐れがあり
第2波の到来が危惧されます。

そのタイミングでワクチンができていれば
基本的に第2波は終息の方向に向かうかもしれませんが
今は何ともいえる状況ではありません。

とにかく
このまましばらくは季節と共に沈静化が続き
学校が平常に戻るとすれば
夏休みはほぼありません

全くなくなることはないとは思いますが
あるとすれば
お盆期間中ぐらいかもしれません。

通常の年なら
夏休みはとても楽しい期間です。
コロナで無理やり休みにされるのとは大違いです。

旅行に行ったり
キャンプに行ったり
本来なら
東京オリンピックもあったはずです。

それらすべてがなくなるわけで
子供たちにとっては
残念で辛いことかもしれません。

夏休みがない夏を迎えるのは
私にとっても初めての経験です。

今年は
開校以来ずっと続けてきた
夏期特別講習
どうやら難しくなりそうです。

夏休みのない夏となると
その時期に予定されている様々な行事(例えば夏の甲子園等)の
実施・開催も厳しくなるでしょう。

ほんとうに
色々な面で多大な影響を及ぼすコロナ禍ですが
一日でも早い終息を願わずにはいられません。
  


Posted by 未来の塾長 at 08:24Comments(0)夏休み