プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2018年07月12日

古典(古文・漢文)入試対策

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


例年より早い梅雨明けによって
猛烈な暑さがやってきました。

が早く始まった分早く終わるとは思えませんが
エアコンフル活動で
夏講通常授業を乗り越えたいと思います。

さて
すざき塾では
来週より古典(古文・漢文)教材を導入します。

中学学習指導要領にある古典の学習に関する記述
・文語のきまりや訓読の仕方を知る
・古典には様々な種類の作品があることを知る
・古典に表れたものの見方や考え方に触れ、
 登場人物や作者の思いなどを想像する
・歴史的背景などに注意して古典を読む

今回導入する教材
公立高校入試に対応した
古文・漢文の知識の習得を目指したものです。


学習目標は以下の3点です。
①公立高校入試に出題されるレベルの単語・文法の習得
②古典常識や時代背景の理解と習得
③古文学習が楽しくなる豆知識の習得


和歌山県では古典単独の出題はここ数年ありませんが
現在文との融合問題古典の知識が問われています。

古典はきっちりと学習していないと
なかなか得点には結びつかないので
確実に国語の基礎点を取るためには
対策をしておくべきと考えます。

当塾では理社教材はすでに導入済みですので
古典(古文・漢文)教材を導入することで
国英数理社古典(古文・漢文)すべての分野において
オールマイティな入試対策
経済的な受講料で学習できます。

ただ
今のところ古典教材中学生対応のみとなっています。

なお
高校生でも古典苦手
基礎・基本を習得したい場合は学習も可能です。
  


Posted by 未来の塾長 at 09:59Comments(0)学習

2018年07月05日

最後の夏休みをいかに乗り切るか

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


例年より相当早く
関東が梅雨明け宣言したため
もしや近々関西も・・・
と思いましたが
ここにきて梅雨空が続いています。


塾生たちも
学期末考査が終わり
一息ついている今日この頃です。

とはいっても
受験生はもうすぐ始まる
最後の夏休みをいかに乗り切るか
が勝負所です。

すざき塾では
7月23日(月)から8月18日(土)まで
通常授業とは別枠で夏期特別講習(夏講)を予定しています。

例年と違うところは
夏講の時間帯を
平日午前中と土曜の午後に設定したことです。

朝と夕方以降にしっかりと学習
昼間は休息というリズムを作ります。

長い休みをダラダラ過ごすことなく
ある程度規則正しい生活を送ることで
2学期以降も
スムーズに学校生活に戻れることを目指します。

受験生にとっては
9月早々第2回復習テストがあります。

6月の第1回復習テストでは準備が間に合わず
悲惨な結果に終わった生徒も
夏休みの総復習で挽回するチャンスでもあります。

中2以下の学年では
夏講をうまく活用し
1学期の復習と2学期先取り学習を進めていきます。

楽しい夏休みも終わってみれば
あっという間です。

たまには息抜きも入れながら
充実した時間を過ごして欲しいと思っています。

  


Posted by 未来の塾長 at 16:41Comments(0)夏期講習

2018年06月09日

素直に愚直に取り組む

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。



約1か月余り更新が滞っていました。

近畿地方の梅雨入りも発表され
いよいよ本格的な雨シーズンとなります。


5月下旬に
中間考査が終わってホッとしたのもつかの間
10日もすれば学期末考査が発表されます。

中間期末の間には復習テストもあり
とにかく忙しい毎日です。


数学では
中1は文字式
中2は連立方程式
中3は平方根
各学年重要単元が続きます。

特に1,2年生は前段階の知識(正負の数の計算・方程式)が
きちんと理解できていることが前提となります。

そこの理解が不十分だと
先に進むことはかなり難しくなります。

前段階の正負の数方程式が理解できていない子は
その復習と並行して
次の単元学習を進めていかなくてはならず
時間もかかります。

本格的な復習
学校授業が止まる夏休みとなりますが
それまで全くやらないというわけにもいきません。

復習予習に追われる子供たちも大変ですが
決して逃げずに時間をかけ取り組んでいくしかありません。

学習する時間を増やし
毎日少しずつでも前に進めていくことが
学力向上への唯一の道です。

それが自力でできる子は
そもそも遅れは取りません。

へ来ることも必要ないでしょう。

それができないから保護者様は悩まれるわけです。

自力でできないならに来て
しっかりとサポートを受けることが必要です。


すざき塾では
指導にしっかりとついてきてくれるなら
指導通りに学習に取り組んでくれるなら
学力向上が期待できます。

学力に関係なく
素直に愚直に学習に取り組める子であれば
ぜひすざき塾に来てください。

  


Posted by 未来の塾長 at 13:35Comments(0)学習

2018年05月06日

1学期中間考査

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。


GWは楽しく過ごせたでしょうか。


中学・高校では1学期中間考査が近づいてきました。

新1年生にとっては
入学しての初めての定期考査です。

ここはスムーズに乗り切っておきたいところです。

すざき塾ではこの連休明けから
実質的な定期考査対策をスタートさせます。

実際は
塾生の半数程度は
4月新学期スタート時から
先取り学習を進めています。

例えば中3生であれば
数学は素数・素因数分解を終わり
因数分解の学習に
英語は受動態の復習と現在完了形の学習に
それぞれ入っています。

学校授業より少し早めに進むということで
気持ちにも余裕が生まれ
しっかりと復習に取り組むことができます。


逆に基礎学力がまだついていない塾生には
急がせずしっかりと知識を固める学習に取り組んでもらっています。

焦る必要はなく
もう少し先を見て学習するようにサポートしています。

時間をかけて学習することで
理解できるところが少しずつ増えてきます。

理解できるところが増えてくると
徐々に自信がついてきます。

徐々に自信がついてくると
進んで学習しようとする意欲も出てきます。

学習する姿勢も変わってきます。

そうなれば学力は自然についてきます。


学習塾の目的は
定期考査等の成績(学力)を上げることにあります。

と同等以上に
生徒自ら学習しようとする気持ちを高めることにもあります。


だから
教えることだけではだめで
導いていくことが重要なのです。

  


Posted by 未来の塾長 at 11:00Comments(0)試験

2018年04月16日

2020年を踏まえた英語学習

小・中・高のお子さまをお持ちの保護者の皆さま!

ごきげんよう!


自立学習応援型個別対応専門


すざき塾 塾長です。



新学期がスタートして1週間が経ちました。

バタバタする年度初めの行事も一通り終了し
今週辺りから授業も本格的に始動し始めるようになります。


中学・高校では
新入生復習テストがあったりもしますが
5月中旬頃の中間考査に向けた授業がメインとなります。

特に新中学1年生
算数数学に変り本格的になります。
英語も教科として体系的に学習するようになります。

特に英語は
今までは3技能(読む・書く・聴く)学習が指導の中心でしたが
今年あたりから
2020年を踏まえた4技能学習にシフトしていきます。

従って今後は
4技能の英語学力習得を目指した指導が意識されます。

4技能とは読む・書く・聴く話すspeaking
を加えた総合的な英語コミュニケーション能力です。

現在
当学習塾では
英語の4技能を融合的に学習できるシステムを検討しています。

今までは対応できていなかった
4つめの話すspeaking)能力の向上も
目指していくことになりそうです。


よってすざき塾では
今春から秋にかけて研究・検討を重ね
2020年以降の英語教育に対応した
最先端の英語学習を導入できる態勢を整えていくつもりです。

詳細はもう少し先になりますが
小学校段階からの
オールマイティな英語学力の定着を図ります。

導入に向けた体験学習も取り入れていきたいと思っています。

  


Posted by 未来の塾長 at 15:34Comments(0)教育