プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年04月22日

ゼロベース理解

低学力生徒の成績を向上させるためには

「ゼロベース理解」 を実現する必要があります。




それはどういくことか・・・


低学力の生徒の多くは

「授業がまったく頭に入っていない」 のです。


受けた授業の中で

「わからない部分がある」 というレベルではありません。


ほとんど憶えていないのです。


そうなると例えば

学校で既に不定詞の単元を終えていたとしても

「そもそも不定詞とは」から

教え直さなくてはならないケースが多くなります。


悪くても2割か3割は憶えているからそこから教える 

と言うことではなく

ゼロから教え直して理解させる 

という覚悟が必要です。



これが 「ゼロベース理解」 です。




「学力が低いとはいえ

一度学校で習っているんだから

授業で学んだことを前提に

ピンポイントで分からないところだけ教えれば良い」





多くの学習塾ではこのように考えます。


しかし

たいていの場合

この認識は裏切られます。




低学力の生徒は

理解のペースが遅く

なかなか前には進めません。


また

一度教えただけでは理解しない事も多く

同じ単元を繰り返し行う必要があります。



これをマンパワーで行おうとすると

大変な手間(労力)や時間がかかってしまいます。





普通

学習塾では

「ゼロベース理解」を実現させることは不可能です。




というかそこまではやりません。

(中には収益度外視のボランティア塾があるかもしれませんが・・・ )




「ゼロベース理解」を実現できないと

低学力生徒の成績を上げることはできません。




私はそれを実現するシステムを検討しています。


そして実現させたいと思います。





「ゼロべ-ス理解」

低学力の生徒だけではなく

普通の成績以上の生徒にも有効です。


ゼロベースで理解させることが出来るということは

学校でまだ習っていない部分

すなわち予習型学習

先取り学習が可能だからです。


先取りでの学習が可能になると

生徒は学校の授業で手を上げられるようになります。


その結果

自信がつき

勉強がますます好きになり

勉強時間が増えるという

プラスのスパイラルが生まれます。



「ゼロベース理解」というのは

どの生徒にも有効なのです。





同じカテゴリー()の記事画像
「行ける」ではなく「行きたい」
自習開放
メリット
同じカテゴリー()の記事
 「行ける」ではなく「行きたい」 (2016-09-23 09:57)
 在宅コース (2016-02-21 19:47)
 夢のような話 (2015-12-12 19:09)
 自習開放 (2015-11-17 16:32)
 塾名 (2015-03-04 08:50)
 1年後 (2014-04-19 18:30)

Posted by 未来の塾長 at 10:38│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。