プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年05月26日

違いはひとつ





学習塾教師(塾長)学校の先生違いはひとつ。



生徒を選べるか否か



学習塾の場合

自分の教育方針に合う生徒だけを集めることができます。



まぁ実際

そうはいっても

経営のためには少し我慢も必要ですが・・・



それでも

この子は自分の塾に合わないな

と思えばお断りすることも可能です。




人数も自分で決められます。


指導時間も科目も自由自在です。




自分の目指すべき方針に賛同してくれる

子供や保護者を受け入れ

希望実現に向けて全力投球すればよいのです。




これは大きな魅力です。






学校の先生はそうはいきません。



基本全員入学です。



どんな子供であれ

入学したからには

分け隔てなく面倒をみなければなりません。



生徒を選べません。



生徒の学習意欲に関わらず授業を行い

生活指導にも積極的に関わらなければなりません。



この子は好き 

この子は嫌い

などとは言えません。


というか

そんなことを言う学校の先生はいません。(たぶん)




どんな生徒でも受け入れる

教育者としての器(度量) が必要です。




人間である以上

好き嫌いや相性はあります。



でもそれを乗り越える

強い使命感と情熱 がなければ務まりません。






それが持てない人は

学校の先生になってはいけない


と思います。






私は

塾の教師より学校の先生の方が偉い

などと言うつもりはさらさらありません。



担う役割と目的が少し違う

ということを言いたいだけです。




その違いを踏まえたうえで

それぞれの役割を果たせばよいのです。






ただ

学習塾教師(塾長)も

「社会に貢献する」 という

使命感と情熱を持ったり



「地域の教育を担っている」 という

自覚を持つべきかなと思います。





学習塾教師

学校の先生のようになる必要はありません。




またなることもできません。




受け入れた生徒は必ず伸ばす

という気持ちがあれば

子供や保護者にとって

学習塾教師学校の先生

同じ「先生」に変りはありません。



私は

そう思わせるような学習塾に絶対するぞ

という決意で

準備に取り組んでいます。






同じカテゴリー(先生)の記事
 現役時代との違い (2015-04-14 21:54)
 退職 (2015-04-01 18:25)
 教育の「プロ」 (2012-07-13 19:41)

Posted by 未来の塾長 at 07:42│Comments(0)先生
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。