プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2015年03月15日

公立高校入試問題

小中高のお子様をお持ちの保護者の皆様!

ごきげんよう!

未来の塾長です。



27年度

和歌山県高等学校入学者選抜学力検査も終わり

あとは19日の発表を待つばかりとなりました。


毎年入試の翌日には

新聞に問題と解答が掲載されますが

今年の問題は易しかったように思いました。


まぁ・・・

私は国語が専門ですので

国語の問題に関してはということですが・・・




最初の問題は

「芸術とは何か」という評論からの出題ですが

きわめて平易でわかりやすい内容でした。

設問も素直で答えやすく

問7ぐらいがやや難しい程度でした。

ただ

この設問の答も

二つの箇所の語句を用いてなので

部分点がもらえます。


たとえば

人種も民族も思想も・・・・

という部分

人間として健全で、生きること・・・

という部分

どちらか一つが書かれていれば

必ず部分点があると思います。


文章問題は完璧でなくても

的外れな解答でない限り

ある程度点数が取れるのです。



2問目も有名な「宇治拾遺物語」の一説で

中学生でも

その意味するところは理解できるレベルです。

関連する現代文を読ませて

設問に答えるレベルも妥当です。


最後の問題は

統計やグラフを読み取り

分析する力も必要ですが

こういった他教科に関連する複合問題も

よく出題されるようです。


いずれの問題も

当学習塾で使用する学習システムで

普通に勉強していれば

ほぼ80%以上の得点は可能です。


もし仮に3年生の6月に入塾して

英数国の速習コースを受講した場合

英語75時間
国語88時間
数学83時間

が目安の学習時間です。

週当たり約6時間の学習で

6月からの入試準備でも

間に合います。

那賀高や粉河高なら

十分合格圏内でしょう。


実際は学び放題コースなど

を選べば

学習時間は大幅に増えますので

志望校のランクアップも考えられます。


これが小学校や中学1年あたりから

スタートしていれば

そんなに無理しなくても

余裕を持って

高校入試に臨めることでしょう。


当学習塾では

個々の学習目標の設定や

コーチングによるモチベーションの維持

保護者への綿密な連絡等

丁寧かつタイムリーな対応を

塾長自らおこなっていくつもりです。


当学習塾への

問い合わせ・見学をお待ちしています。









同じカテゴリー(入試)の記事画像
合格発表
規則性の問題
和歌山県公立高校入試
いざ決戦の舞台へ
合格ラーメン
合格!合格!合格!合格!
同じカテゴリー(入試)の記事
 合格率100% (2017-03-31 11:06)
 合格発表 (2017-03-17 20:19)
 規則性の問題 (2017-03-13 11:29)
 和歌山県公立高校入試 (2017-03-10 19:45)
 いざ決戦の舞台へ (2017-03-07 09:58)
 合格速報第4弾 (2017-03-03 17:37)

Posted by 未来の塾長 at 09:28│Comments(0)入試
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。