プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年03月03日

「国語力」 その3



前回は

日本語(国語)の元になる

文字(漢字)の起源について

ごく簡単に書きました。





国語力をつけるにおいて

漢字の学習は基本中の基本です。


そして漢字の学習によって

右脳と左脳を発達させることができます。




右脳 は五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)

という 知覚・感性 を司ります。

映像や図解等マルチメディアがその範囲です。



対して 左脳 は

二感(視覚・聴覚)により言葉や文字を理解します。

思考や論理 を司ります。



一見

漢字学習右脳を使うように思いますが

実は左脳も使っています。



漢字は形(知覚・感性)で覚えるのと同時に

その成り立ちや組み合わせ(思考・論理)を理解して

覚えるからです。




漢字をとして

単純に感性で覚えるのが得意だったり


意味を考えてその組み合わせで

論理的に覚えるのが得意だったり


人それぞれ覚え方に違いはありますが

左右脳の発達には非常によい教材です。



どの学年においても

徹底的な漢字学習による脳の発達(活性化)

他のすべての学習に必ずよい影響をもたらすと考えます。




それゆえ

私が将来開設しようとする学習塾では

「漢字学習」 を特に重視したいと思います。




※右脳左脳の記事に関しては
  
  特にその専門家でもない私が
  
  断定する内容ではありませんので
 
  あくまでも参考までにということで

  ご理解ください。





同じカテゴリー(教育)の記事
 2020年を踏まえた英語学習 (2018-04-16 15:34)
 未熟であること (2016-09-08 10:02)
 CBT方式 (2016-03-15 08:04)
 教育の2020年問題 パート2 (2015-10-06 18:27)
 教育の2020年問題 (2015-10-03 09:46)
 もはや中毒 (2015-09-22 22:38)

Posted by 未来の塾長 at 11:48│Comments(0)教育
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。