プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年06月12日

大学改革



大学改革へ新プラン 




知識偏重から思考力・判断力等多面的評価へ入試転換




文科省

2012~17年度の6年間を期間とする

「大学改革実行プラン」を発表したとか。




それによると

従来のペーパーテスト偏重型から

意欲や能力、適性などを総合的に判断する

多面的評価型の入試を促進する方向で

議論を深めるらしい。




私も

これだけ世の中が多様化してくれば

この流れは必然的にやってくるだろうと

思っていました。





秋入学への流れも含め

大学のあり方が

この5年10年で大きく変わるかもしれません。





当然

高校中学校

さらには小学校まで

その影響が波及してくることは

想像に難くありません。





与えられたことを

ただ素直にコツコツと

まじめにやれば

普通に大学まで行けた

今までの優等生型では

これからの入試を突破するのが

難しくなるかもしれません。






これからは

自分の意見を持ち

自分の考えを述べ

しっかり判断できる人間 が

求められるようになるということです。





言われたことに何の疑問も持たず

知識ばかりを詰め込む

いわゆる「ガリ勉」(古い言い方ですが)タイプでは

ダメだということです。







だからといって

知識をつけることを

おろそかにしてはいけません。





要は知識だけでなく

感性を磨いたり

いろんな体験をして

人間としての幅をつけることです。






学校だけでなく

学習塾

大学入試動向を

注意深く見守る必要がありそうです。




同じカテゴリー(教育)の記事
 未熟であること (2016-09-08 10:02)
 CBT方式 (2016-03-15 08:04)
 教育の2020年問題 パート2 (2015-10-06 18:27)
 教育の2020年問題 (2015-10-03 09:46)
 もはや中毒 (2015-09-22 22:38)
 保護者面談開始 (2015-07-05 10:46)

Posted by 未来の塾長 at 08:48│Comments(0)教育
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。