プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年06月20日

集中力



ある塾のチラシがあります。



そこには

小学生は 90分

中学生以上は 100分



新学習指導要領に対応するためには

学習量を増やす必要性を強調しています。




別に

新しい学習指導要領に対応するまでもなく

これは当然のことです。




学力向上のベースとして

絶対的学習量は必ず必要だからです。





ここで私は

集中力 ということを考えます。





はたして

小学生

90分(1時間30分)もの時間を

集中して学習できるのか?




校種によって若干開きはありますが

学校では50分を標準とした授業が行われています。


(小学校 45分  中学・高校 50分)




この45分~50分でさえ

生徒はなかなか集中できないようです。




ちなみに大学では90分が標準です。



というか大学でも90分です。







大人でも子供でも

集中力を発揮できるのは

だいたい 15~20分 ぐらいです。

(ただし 個人差があります)




50分であれば

間に 5~10分程度 の休憩を入れるのが

効果的だと思います。



休憩といっても

学習の流れの中で

ちょっと頭を切り替える(休める)程度で良いと思います。






2時間3時間 「連続」 して学習しても

学習効果という点では

「たくさんやったなぁ~・・・」

という満足感だけでしょう。





ただやみくもに学習時間を増やし

だらだらやるのは

結果的に学習効率を下げるだけなので

その点は指導する側も注意が必要です。





特に小中学生の場合

20~30分集中したら

5~10分気分転換。




そのうち

気分が乗って集中できるようなら

少し学習時間を延ばしても良いと思います。






要は 時間をうまく使う ことです。





同じカテゴリー(学習)の記事画像
軌道修正
再び不具合
サポータ登場!
これで満室
缶コーヒー
安易な風潮
同じカテゴリー(学習)の記事
 もう一つの考え方 (2017-06-17 08:10)
 自習開放 (2017-05-24 09:02)
 祝祭日も通常授業 (2017-05-01 11:27)
 労多くして功少なし (2016-10-06 13:14)
 「アツい」夏に変わりはありません (2016-08-11 09:53)
 人工知能(AI) (2016-04-21 10:01)

Posted by 未来の塾長 at 08:33│Comments(0)学習
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。