プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年11月22日

派遣教師

先日 NHK

「派遣教師」 なる問題について

取り上げていました。



「派遣教師」 という言葉は

あまり聞きなれません。



講師

非常勤講師 という言葉は

教育界では

馴染みのある言葉ですが・・・


「派遣教師」とは

派遣会社を通して

学校に派遣される

時間講師のことです。



東京など大都市では

私立を中心に相当数いるらしい。




細切れの授業を担当し

継続的な教育には携わらないという点においては

非常勤講師とほぼ同じです。



1コマ~数コマの授業のみ担当し

授業が終わればハイさよなら・・・

生徒との交流はほとんどないとか・・・






教育の世界にまで

「派遣」が浸透しているのは

決して良いことではありません。



私立等

少子化による経営難は

専任教師を充分に置くことは困難で

「派遣教師」に頼ることになります。



特進クラスには

専任教師を当て

普通クラスには

「派遣教師」を当てるそうです。




生徒にとっても教師にとっても

このような関係は望ましくありません。



生徒指導(生活指導)

進路指導

教科(学習)指導

特別活動(HR&クラブ等)



それらを統合し

一貫した指導を継続して行うのが

学校教育です。



予算を理由にした教育切り捨ては

政府の責任だと思います。





ふと思ったのですが・・・


学習塾にもこれとよく似た傾向があります。


塾業界

確かに厳しい状況があります。


専任を多く雇い

きっちり面倒を見れる塾は

そう多くありません。



ボランティアでもない限り

赤字経営はできませんし・・・



子供にも先生にも辛い時代になりました(ーー;)



でもなんとかそれを打開して

少しでも理想の学習塾に近づけるよう

努力をしなければなりません。



生徒と先生の信頼関係を深く築け

なおかつ継続できる

学習塾を作る必要があります。







同じカテゴリー(教育)の記事
 未熟であること (2016-09-08 10:02)
 CBT方式 (2016-03-15 08:04)
 教育の2020年問題 パート2 (2015-10-06 18:27)
 教育の2020年問題 (2015-10-03 09:46)
 もはや中毒 (2015-09-22 22:38)
 保護者面談開始 (2015-07-05 10:46)

Posted by 未来の塾長 at 20:08│Comments(0)教育
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。