プロフィール
未来の塾長
未来の塾長
和歌山生まれ和歌山育ち
和歌山の土地と自然を
こよなく愛する岩出市民
1955年生まれ 男性
趣味
バドミントン
アウトドア
(釣・登山・キャンプ)

<教員免許>
小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭


和歌山県公立高等学校教諭
すざき塾
塾長 須崎博文

問い合わせ
0736-60-3666

すざき塾所在地
岩出市中黒558-1

無料体験
学習相談
気軽にお電話下さい

開校日
2015年
6月1日(月)

< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2012年03月31日

今や中学受験は

中学受験が注目を浴びるようになって

もう久しくなります。




我家が

中学受験を経験したのは

もう15,6年も前のこと。



当時はまだまだマイナーだった中学受験


各小学校でも

受験するのはほんの数人程度でした。



果たして

この選択が正しいのかどうか

迷いながらの受験でした。



今でも

あの頃の選択が正しかったかどうか

よく分かりません。




今や

中学受験メジャーになった

と思います。





でもどうなんでしょうかね・・・・





中学受験というのは間違いなく親の受験です。



親が望む受験です。




そこが子供にとってどうなのか。


ほんとうに子供のためになるのか。



ただ私が言えることは

中学受験向く子供

向かない子供がいるということです。




学習塾にとって

中学受験に対応することは非常に重要です。


塾経営にも大きく影響を及ぼします。



私が開校を目指している学習塾

この現実を無視できません。




でもすべての小学生が取り組むべきだ

とは思いません。



中学受験によって

得られるもの失うものがあるからです。



とは言うものの

親のこの複雑な思いに対して

子供は

受験(勉強)を楽しんでいたようにも思います。(我家の場合)



子供というのは

大人が考える以上に

意外とたくましいのかもしれません。



少なくともそう実感できるなら

チャレンジしても良いと思います。




   今ではなつかしい15年前の塾の体験記





      掲載された我家の体験記

   なつかしいです・・・・(^^;)








同じカテゴリー(試験)の記事画像
それができるかできないかの差
学期末考査準備
同じカテゴリー(試験)の記事
 定期考査結果  (2017-10-20 10:36)
 定期考査 (2017-06-07 15:48)
 考査前自習開放 (2016-11-28 12:46)
 それができるかできないかの差 (2016-10-13 10:05)
 学期末考査準備 (2016-06-16 16:48)
 じっくり上げる (2016-06-06 10:24)

Posted by 未来の塾長 at 21:02│Comments(0)試験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。